取扱治療器

超音波治療器

一秒間に数百万回振動する音波により治療するもので体の中で熱エネルギーが発生し、皮膚表面からでは温めることのできない深さまで温めることが可能です。損傷を受けた筋肉、靭帯、軟部組織(腰痛・捻挫・関節の痛み)に効果があります。

Hi Voltage(高電圧電気刺激療法)

プロスポーツ選手なども使用している最新の機器です。電気治療による皮膚抵抗が低いため、ピリピリ感が少なく、電気の苦手な方でも安心して治療を受けていただけます。深い部位まで届くため、痛みを根っこから治療していきます。治療した多くの方がその場で効果を実感していただいています。

マイクロカレント療法

体に微弱の電流を通電させ、組織損傷の治癒を促進させます。ケガの回復を早くし、細胞レベルから回復を促します。

EMS療法

病気やケガ後のリハビリテーションや、スポーツ選手などの筋肉トレーニング、生活習慣病やダイエットなど、幅広い効果があります。ダイエットモードでは、筋組織の深部まで刺激し基礎代謝を上げ、血液やリンパの循環を円滑にし、脂肪の燃焼と新陳代謝を促進することにより、筋肉強化と同時に健康的に引き締まった美しいボディラインを作り、肥満を解消することができます。

干渉低周波治療器

二つの導子から異なる周波数の低周波を体内で交差させ、電気エネルギーを身体に与えることができ、治療部位に十分な刺激を加えることができます。

赤外線治療器

赤外線の温熱効果で深部まで温め、患部の痛みの緩和を促進させます。深部まで温めますので毛細血管の拡張や血行を促進するので、新陳代謝の活性化などの効果があります。

ウォーターマッサージベッド

水の力で全身をほぐしていきます。従来のローラー式マッサージ器のようなゴリゴリした感じはなく、腰にかかる負担がないので、ご高齢の方にも安心してご使用いただけます。肩こりの軽減、血液循環の向上、筋肉疲労の回復、リラックス効果などがあります。

ラジオ波

ラジオ波はとにかく温かくて気持ちがいい治療器です。身体の内部から温めることができます。冷えがある方、筋肉の張りやコリがある方、スポーツのコンディショニングを整えたい方にお勧めです。ソチオリンピックで日本チームに採用された最新治療器です。

症状別内容説明

捻挫

捻挫(ねんざ)とは、ひねることで関節の靭帯や腱、軟骨などを傷つけるケガのことです。関節部分の血管が傷ついて内出血を起こすと、その部分が腫れてきます。スポーツのほか、転んだり、階段を踏み外したりして起こるケースも多くあります。 捻挫を放っておくと伸びたまま癖となり再発を起こしやすくなってしまいます。当院で正しい治療をしましょう。

肉離れ( 挫傷 )

肉離れは、急激に筋肉が収縮したときに、筋膜や筋線維の一部が損傷する場合や、繰り返しの力が継続して加わることで徐々に症状が現れる場合などがあります。 放っておくとすぐに再発を起こす場合があります。当院で正しい治療をしましょう。

脱臼

関節は骨と骨が連結して構成されていますが、その骨が外れて元の状態に戻らないことを脱臼といいます。脱臼は速やかに整復することが望ましいです。病院で脱臼の治療後、痛みが残るという方はその周辺の筋肉や組織を傷つけている可能性があります。当院で脱臼後の治療も可能です。

スポーツ障害

スポーツ障害とは、同じ動作を長期間繰り返し行うことによって、ある特定の部位を痛めてしまうことです。 テニス肘、野球肘、ランナー膝、シンスプリント、アキレス腱炎、疲労骨折などが挙げられます。スポーツ障害は、スポーツによる身体の使いすぎのほかにスポーツ中のアクシデントを原因として発生する病気や怪我も含まれています。

 
 
2017.06.17
6月の営業のお知らせ
2017.04.12
ゴールデンウィーク期間中の営業時間変更のお知らせ
2017.03.14
3月の営業のお知らせ
2016.12.06
12月の営業のお知らせ
2016.09.03
開院1周年のご報告